トラクターの保管について

農業を辞めて、トラクターの処分について考えている人は売れるまで保管をしておくことになりますが、買取ってもらう際に後悔しないためには、保管方法も大切です。ここでは保管する時に気を付けておきたいポイントについてを紹介します。

まず、保管の際に大切なのが洗車です。特に長期の保管になる場合ですが、洗車をしないとあらゆる部品が錆びてきてしまうこともあります。錆びることで査定額が下がってしまうこともありますし、故障に繋がることも考えられますので、高く売りたいと思っている人や、処分にお金をかけたくないと思っている人は錆びさせないためにも、しっかりと定期的に洗車を行うようにしましょう。

続いて、保管する場所についても重視しましょう。基本的にはトラクターの保管は屋根が付いているシャッター付きのガレージなどがベストです。しかし、中には屋根がない家もあるでしょう。こういった場合にはあらかじめ錆止めなどを塗ってから保管をすると劣化をせずに保管することができます。しかし、錆止めを塗ったからと言って雨に直接当たるところでの保管は極力避けるようにしましょう。

このように、トラクターの保管について説明しましたが、特に長期の保管になるのと故障に繋がる可能性もあるので、故障をさせないためにも事前に保管方法について調べておくといいでしょう。